BackDoor.DaVinci.1

新しいウイルスが発生したようですね。ARファイルのAdobeFlashPlayer.jarを装って配布されているようです。御注意ください。

さて、ここ最近『そもそも初心者にハッキングを教えるとはいかがなものでしょうか?』と言うような類の御意見をチラホラと頂きます。確かに議論になるポイントですしお気持ちも分からないでもありません。当学院が発する『毒をもって毒を制す』というメッセージも多少刺激の強いものとなっておりますし、学問や研究としてこれまで長きに渡り分析・追求されてきた方々や、第一線で御活躍されている方々にしてみれば『そんなママゴトじゃスキルが身に着くワケない』と言う具合にお考えなのでしょう。また、権威がある方やセキュリティ業界の著名な方が講師として名を連ねておればこういった声は少なくなるのでしょう。当学院も未だ準備中ではありますが、最高ランクコースの授業に備えて、また講演会開催の為にこのような方々にご協力を仰がないといけないことは承知しておりますしお声かけはさせて頂いております。                                                                      しかしながら、すでに技術をお持ちの方々のスキルをさらに向上させることも重要ですが、すそ野を広げることも同時に最重要課題であると考えています。インターネット利用者が爆発的に増えていますが、パソコンをヤフー検索にしか使えない方々が多いのも事実です。この様な方々が本当にスキルを身につけ、雇用難の現在においてセキュリティ業界で多少なりとも通用する人材作りを目指している団体は皆目見当たりません。その様な技術弱者の方々にとって、とても門戸が狭く閉鎖的に見えるインターネットセキュリティ業界に活路を見出すことは現状では不可能ではないでしょうか?2012/5/8のNHKNEWSにて、『独立行政法人の情報処理推進機構は、先月公開した報告書の中で、国内で情報セキュリティーの人材がおよそ2万2000人不足していることや、セキュリティーに携わるおよそ23万人の技術者のうち60%に当たる14万人余りで必要な知識が不足していると指摘しました。』と報道されましたが、人材そのものが2万2000人も不足していて中途採用OKな業界など他にありません。そしてこれからの成長産業であることは言うまでもありません。勿論、並み大抵の努力ではこの枠に収まる事は厳しいでしょう。ただ、ここに活路を見出す方々と一緒に並み外れた努力を重ねていきたいと強く考えております。私もそうであったように。若年層の雇用対策や収入確保が早急に必要な中、インターネットの分野とは畑違いの環境にいらっしゃる方々が第一線で御活躍頂けるようにサーポートするのが我々の使命だと考えております。

ここまで雇用環境の観点から切り込ませて頂きましたが、ここからが冒頭の『そもそも初心者にハッキングを教えるとはいかがなものでしょうか?』という部分の御返事をさせて頂きたいと思います。そのような方々はいつの段階から毒を学んでよいのか?ということになりますが、そもそもその様な方々が、半角英数文字の羅列をモチベーションを維持しながら学んでいけるのか?疑問に思います。またインターネットセキュリティの分野に最短距離で走っていくには、人生が変わる大きな、大きなキッカケが必要ではないでしょうか?しかし、ITC分野弱者の方は遥か彼方に見え隠れする希望の光を見失う事無く、半角英数文字の羅列したテキストと睨めっこする毎日を数年間続けるだけのキッカケに自然に遭遇する可能性は限りなくゼロに等しいいと思います。逆にその様な分野は避けているぐらいだと思います。そこで当学院は、最近何かと話題にでるサイバー犯罪などのニュースを使い『視覚』で衝撃を受けて頂くという事を先にやるべきだと考えます。そこで大きな、大きなキッカケを掴んで頂いてそれから待ち受ける半角英数文字地獄へと突き進んで頂きたいと思います。この理念だけは何があっても揺るぎませんし、それで厳しい御意見を頂戴し続ける事になろうとも構いません。確かにその様な声を頂くという事は、学院のカリキュラムなどのハード面によりご不安を抱かせている事もあろうかと思いますので、その点に関しましては深く反省し1日も早い信頼回復を目指して参ります。

倫理問題が間違いなく最優先であると考えるならば異論が大アリだとは思いますが、いつかは毒も学ばねばなりません。しかし多くの方々にチャンスを与えるという角度から考えると倫理問題の教育は2回目以降でも構わないのではありませんか?合鍵作りを商売とされてる方々が最初はどのような状態で、どのような教育をお受けになり商売をスタートさせたのか?と大した違いはないんじゃないでしょうか?以上御返事とさせて頂きます。

昨今の消費者保護法の観点から、世のBtoC営業マンの数は加速度的に減少していきその分広告媒体による販売へと大きくシフトチェンジしています。販売力がなくどうしようか?と頭をひねってらっしゃるITC業界の経営者様も非常に多く見受けられます。この様な背景があればこそです。想像してみてください。30代後半のバリバリのBtoC営業畑できた求職者がITC業界のBtoB営業ができるのであれば・・・業界発展はももとより皆丸く収まるのではないでしょうか?

当学院は走り続けます。始まったばかりの挑戦ですが、走り続けます。業界発展こそが国防につながり、国際社会の中心であり続ける日本国になると信じています。揺るぎない信念と情熱を皆様にお約束いたします。

whitehackerz養成学院 校長 田口雅章

KBCラジオにて

九州朝日放送KBCラジオの社長のイスというコーナーで紹介されました。             http://www.kbc.co.jp/radio/pao-n/isu/

こちらが記事http://www.kbc.co.jp/radio/pao-n/isu/?dtl=isu_201206

これからもセキュリテイー業界のすそ野を広げる為精いっぱい頑張ります。

『パソコンはインターネット検索しか使ったことない』と言う方に、セキュリティー業界へ足を踏み入れて頂く為に、まずは大いなる興味を持って頂くべく活動していく所存です。          今後とも宜しくお願いします。

また、当学院運営のwebスクールのサンプル動画を以下サイトで流しております。

Youtube

http://youtu.be/yjVXTC9Hcek

ニコニコ動画

http://www.nicovideo.jp/watch/sm18391017

お待たせいたしました!!!

皆々様お待たせいたしました!御世話になっております!日々の手荒い御攻撃恐縮至極に存じあげます。刻々とウイルスを投げかけて頂いてる方、そろそろ御勘弁頂きたいと切に願っております。本日2012・7・18whitehackerz養成学院webスクールが開校致しました!(http://www.hackerschool.jp/

出来あがったばかりでコンテンツが1つしかありませんが8月にはセキュリティ入門編(10動画)を一気にアップ致しますので、ご期待ください。尚、セキュリティ入門編につきましては、

①『クライアントとなるパソコンの組み立て・構築』

②『サーバーとなるパソコンの組み立て』

③『DNSサーバーの構築』

④『ルーターの設定方法』

⑤『インターネットへの公開方法』

などなど基礎の基礎から学んで頂ける内容となっております。今後ともwhitehackerz養成学院にご期待ください!

P.S また、ハッキングチャレンジサイト『8946』も同時公開してます!お楽しみください!

 

黑客について考える

最近ロシア、中国のハッカー(黒・白ともに)さんとお話する機会が多い。

まぁ、お話するとは言っても片言の通訳さんを通してなので理解できてない部分も多いのだが、こうして多くの方々に触れるとニュースや数字などで表わせない物を肌で感じるようになってきた。その中で、特に接することの多い中国人ハッカーの方たちについて思うことが多くある。

中国紅客連盟・中国黒客連盟・中国红客大联盟などなど多くのハッカー集団がいると言われており、また一部報道では『中国は年間100万人規模でハッカーが生れている!』など書かれているが、そんな土壌の一部を垣間見れているようで非常に興味深い。

さて、中国では『QQ』というインスタントメッセンジャーが爆発的に普及しておりWindowsに次いで中国で普及しているPCとインターネットのキラーソフトだ(騰訊公司)。企業のオンラインサポートではQQによるサポートスタッフが常時数人待機するのが当たり前であり(QQ本社では数千人のスタッフが目視を伴う監視・サポート・防衛をしているとのこと)、メールでやり取りするよりも効率的らしい。アカウント数は10億を超えまた、QQのアカウントを利用した同時オンラインゲーム利用者数は1億人に迫る勢いだ。(QQ日本版公式サイト:http://www.imqq.jp)QQについてはこのぐらいにしておくが、この様な急激な成長を遂げる中国において若年層の反応も当然のことながらすごい。『私はハッカーではありませんし、その様な技術もありません』など言っている若者が平気でQQのソーシャルゲームの有料課金部分へ、クラックしタダで遊ぶ。この様なセキュリティ突破術を幼い頃から自然と身に着けているのだ。しかも当人らには当たり前のことであり仲間内でクラックツールを開発し配布しあうことが常態化しているという。
数ヶ月前にとあるテレビ番組の特番で、『ロシアのクラッカーがクレジットカードの情報を集めて中国人に売却し、使用するのは中国人』と言う旨の放送があったばかりだが、いったいいつの話してるのか?と思ってしまう。幼いころからツールの開発までやれてしまうクラッカー人口が爆発的に増えてきている中国でワザワザお高いお金を払って買うほどの事ではなくなってきているのだ。2000年初頭からの旧史以来の民族大移動が始まり、日本のコンビニやファーストフード店はすでに中国人に占められている が、このペースでも「国際法に違反している」と糾弾されるほど受け入れルートは細く、所得格差が広まれば広まるほど動きは加速していく。【「物価が世界中で大きく違う」 と 錯覚 している人も多いが、現実には 世界の物価は さほど変わらない。所得水準の高い国では 「贅沢なモノ」 を消費し、所得の低い国では 「粗悪なモノ」 を消費しているに過ぎず、違うのは 「物価」 ではなく 「生活費」 である。←引用http://blog.livedoor.jp/dd_freak/archives/cat_50031114.html】であるように、この流れは至極当然のことであり、本来ならば国境をマタギ労働しなければならなかったものが正にボーダレスの時代に突入。これらのことを踏まえると、若年層のITスキルの凄まじさは当たり前に思えてくるのは当然であろう。何故ならば、平均月収が3~4万円(円と比較することや統計の仕方により正確な数字は分からないが)と言われている中国でしかもITに関する法整備も進んでない状況で『家にいながら個人情報の売買だけで数万円稼げる』なか一体どれだけの人が手を出さずに真面目に働くのだろうか?と思ってしまう。驚くべきことに、また確実にこの数年でITに関する分野でもアップストリームへと変貌を遂げているのである。
セキュリティ突破は日に日に進化し続け、イタチゴッコともとれる戦いの中で我々日本人の迎え撃つ姿勢が問われている。
『毒をもって毒を制す』
少々手荒い感は否定しないが、当学院の理念の一つだ。もちろん学問的な角度があってこそでありそれを否定する気もさらさらないが、これまでなかったより実践を重視した場の提供を当学院の使命と捉えていく所存である。善ととるのか悪ととるのか、賛否両論あるとは思うが当学院のカリキュラムをキッカケにして頂き存分に活躍して頂くことを切に願ってやまない。
   WhitehackerZ養成学院 校長 田口雅章
PS 昨日のトロイの木馬の件ですが、断続的に攻撃を受けているようです(笑)御手柔らかにお願い申し上げます。それとやはりアノニマスのブランディングテクニックはしびれますね・・・本当に間違えるわけありませんし参考にさせて頂かないといけませんね(笑)COOL!!!

 

ハッカーの秘密:ハッカーは12種類!!!!

  1. The Unicorn ユニちゃん♡

          ソフト認証方法を破るのが得意です。特に、Adobe製品。

          PhotoShopや、FireWorksの認証を破るのが特に得意です。

          【最も好きな技術/言語:Java,Spring,Hibernate,.NET, Eclipse,VisualStudio】

     2. The Metaprogrammer メタちゃん♡

    Ruby使い!しかしメタちゃんは更にSmalltalkの世界征服をキボンヌ!

    【最も好きな技術/言語::Lisp,Ruby,Ember】

  3.  The Brogrammer  ブロちゃん♡

    ブラザーのBroとプログラマーを合わせた造語で、

    いまどきのカジュアルなプログラマーを意味します。

    日本で言う、アニメが好きなパソコンオタクでしょうか??

    【最も好きな技術/言語:Django, RoR,Express】

    4. The Lost Soul  ロスちゃん♡

    個人の意志ではなく、ハッキング会社で働きながら、行動する集団。

    スケジュールを元に、複雑なプログラムをソフトを構築します。

    【最も好きな技術/言語:SASS,Stylus,CoffeeScript,JavaScript】

   .5 The [Mad] Scientist  サイちゃん♡

    ハードディスクなど、物理的な問題を解決するのに優れています。

    【最も好きな技術/言語:C/C++,Python,Java,F#】

  6.  The Architect   アーちゃん♡

    ある一つの事に、執着し没頭する集団。

    【最も好きな技術/言語:Redis,MongoDB,CouchDB,Riak,Hadoop,Cassandra,      Web Sockets】

  7.  The Bare-Metal Programmer  メタちゃん♡

     ソフトとハードウェアを連結するプログラム作成が得意です!

     【最も好きな技術/言語:C/C++,Assembly,Shading Languages】

  8.  The Lambda Programmer   ラムちゃん♡

    ベンチャー企業「Y Combinator」に参加して、一緒に開発を行っています。

    【最も好きな技術/言語:Haskell,Lisp,Erlang,Scala,F#】

  9. The Neck Beard  ビアちゃん♡

    マウスのみを使い、LinuxやWEBサイトにアクセス出来ます。

    オープンソフトを開発して、広めようとしてます。

    【最も好きな技術/言語:C/C++,Posix,KDE,anything GPL】

  10.  The Hustler  ハスちゃん♡

    難解なコードであっても、解読できます。

    彼らに対抗するには困難を極めます!

    【最も好きな技術/言語:PHP,Perl,Anything that gets the job done】

  11. The [Fanatical] Tester   テスちゃん♡

    バグの出し切っているソフトに対して、様々なテストを行い、新たなバグを発見します。

    【最も好きな技術/言語:Cucumber, RSpec,RCov,Capybara,anything BDD】

  12.  The [Re]Inventor   インちゃん♡

     抽象的な方法をつかい、ある決まった事柄に対して破っていきます。

【最も好きな技術/言語:Zepto,Backbone,Sinatra,Node】